脆弱性のものってあるの?

SSLで脆弱性ってあるのか。欠陥がないものを使用したい - ドメイン認証SSLについて

ドメイン認証SSLについて

EV SSLと企業認証SSLは、どちらも認証レベルが高く設定されているSSLです。企業や団体などのように規模の大きい組織の場合、これらのSSLでサイトの信頼性を高めることが必要不可欠になります。どちらも企業や実在を証明してくれるSSLの種類ですので、企業ならこのどちらかを導入することになるでしょう。場合によってはEV SSL、ふつうは企業認証SSLで十分事足りてしまいます。
しかし、これらのSSLはあくまで企業レベルでの話です。一般個人にとっては手が余る、そこまでの証明は必要ない、といったケースもあるかと思います。個人がサイトを作る場合も、そのサイトの種類によってはSSLが必要不可欠になります。ですが、企業認証SSLやEV SSLでは、費用の面でもコストがかさんでしまうでしょう。レンタルサーバーが1年千円台で利用できたとしても、SSLの導入に数万円もかかってしまってはあまり意味がないものになります。
このような個人サイトに向いているのがドメイン認証SSLです。ドメイン認証SSLはドメインの存在を証明するためのSSLで、費用も一番安くなっているのが特徴と言えます。特に個人サイトでSSLを導入するような場合、費用は外せない検討項目となります。ドメイン認証SSLはセキュリティを高められる一方、費用も抑えることができるのです。このため、個人サイトを製作するような場合にはドメイン認証SSLがもっとも向いています。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 脆弱性のものってあるの? All Rights Reserved.