脆弱性のものってあるの?

SSLで脆弱性ってあるのか。欠陥がないものを使用したい - EV SSLって知ってますか?

EV SSLって知ってますか?

SSLには証明書によっていくつかの種類が存在し、それぞれ認証レベルが大きく異なります。認証レベルとは、SSLによるサイトや企業の安全性を証明するための指標です。SSLを導入すると、必ず認証レベルというものが設定されます。SSLの種類に関わらず認証レベルが存在しており、サイトの安全性や信頼度を高めるためには認証レベルにも気を配る必要が出てくるでしょう。特にコーポレートサイトを作る場合には重要な役割を担います。
数あるSSLの種類の中で、特に認証レベルが高くなっているのがEV SSLと呼ばれるものです。EV SSLとは、サイトや企業・団体・組織などの安全性や信頼度とともに、実在をも証明するSSLの種類となっています。一般的なSSLではサイトや会社の実在を証明してくれますが、安全性や活動実体そのものまでにはほとんど踏み込みません。場合によっては、本当に実在するのかどうか、疑わしくなってしまうこともあるでしょう。
このようなリスクが存在する場合、そして組織としての信頼性を高めたいのであれば、必然的にEV SSLを導入することになります。EV SSLはネットショップのような通販サイトには向いていませんが、安全性が求められるサイトなら導入する余地があるでしょう。もっとも認証レベルの高いSSLとなっていますので、多くのユーザーに信頼してもらう必要がある場合、そして信頼度を高める必要があるサイトならEV SSLの導入をおすすめします。

関連する記事

次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 脆弱性のものってあるの? All Rights Reserved.