脆弱性のものってあるの?

SSLで脆弱性ってあるのか。欠陥がないものを使用したい - SSLの基礎中の基礎【これだけ覚えておけばOK】

SSLの基礎中の基礎【これだけ覚えておけばOK】

SSLというキーワードを聞いたことがありますでしょうか?
おそらくパソコンを使って仕事をしている方であればなんとなく聞いたことがあると思います。
ではその「SSL」とは一体何なのでしょうか?今回は「SSL」のここだけ押さえておけば問題ない基礎中の基礎をお伝えします。
■SSLとは暗号化システムのこと
SSLとは「Secure Socket Layer」の略称で、インターネット上の情報を暗号化して安全に送信・受信ができる仕組みのことです。
これにより第三者が途中でデータをハッキングしたり、盗み見しても何が書いてあるのかわからないようになります。
主な使用用途はインターネット上で個人情報や口座情報を送受信する際に、情報の悪用・流出を防ぐために使用されます。
■SSLはそんなに大事?
例えば、あなたがインターネットショッピングでお買い物をするときなどに個人情報が守られているか、守られてないかで安心度が違いませんか?
インターネット社会となった今、個人情報は流出するとあっという間に世界中に広がっていきます。
そして個人情報を手に入れた悪徳業者が詐欺の電話をかけてきたり、見に覚えのない請求書が送られてくるなど更なる危害が及ぶ可能性があります。
それを防ぐためにもSSLとはとても重要なのです。
いかがだったでしょうか?
SSLとは簡単に言うと「皆さんの個人情報を守るためのセキュリティシステムである」と覚えていただければと思います。
皆さんの生活の安全を守るためにもSSLのことを知っておいて欲しいと思います。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 脆弱性のものってあるの? All Rights Reserved.